CASE.08 デザインと快適さを追求した家
CASE.08
デザインと快適さを追求した家
全ての写真を見る

コンセプト

S様ご夫婦が構えたのは、好みのデザインを100%追求した住まい。憧れのホテルライクな高級感を求めつつ、毎日の暮らしを快適にする+αにもこだわりました。生活空間のすべてがスタイリッシュにまとまっています。

OUTLINE

場所
神奈川県川崎市中原区
価格帯
1,900万円台
敷地面積
45.96㎡
延床面積
78.97㎡
構造・工法
木造3階建て
間取り
2LDK+S

外観Exterior

内装とカラーを合わせた
シックな外観

外からの印象より、内装にこだわりたかったというご主人。外観は、標準プランを採用してシンプルにまとめました。黒をたくさん取り入れた内装にマッチするよう、外壁はブラックのサイディングで統一しました。

玄関Entrance

シックで高級感のある
ホテルライクなエントランスホール

質感のある壁材は調湿機能のある本物の木。間接照明を仕込んで重厚感を演出しています。天井の木材と色を合わせて、シックな雰囲気に。横長のスリット窓からの光と反対側の白壁と玄関ホールのタイルで、明るさをプラスしました。

リビングLiving

明るすぎず、暗すぎず
細部にまでセンスが生かされたLDK

すべてにご主人の好みを取り入れたLDK。天井には本物の木を、床には無垢材を張り素材にこだわりました。リビングの折り上げ天井に間接照明を仕込むことで、天井はすっきりさせながら明るさを確保。お気に入りのインテリアに囲まれて、静かな暮らしを楽しんでいます。

「見せる」階段も
インテリアのひとつに

3階につながる階段は、存在感のある鉄骨スケルトンに。アンティーク風ランプもご主人のこだわりの一品です。それぞれのパーツが絶妙に溶け合い、高級感が漂う中にも落ち着きのある空間が生まれました。

キッチンKitchen

機能的で使いやすい
広々としたキッチン

オーブンを組み込んだキッチンはタカラスタンダード。食器棚の下にゴミ箱を設置してスペースを確保しつつも使いやすさにこだわって。対面型なので食事の配膳も便利です。収納棚側の壁にオプションで採用したエコカラットは、消臭・調湿の効果があるので、料理のにおいも気にならずにリビングでくつろげます。

寝室Bed Room

快適な眠りを約束する
シンプルなベッドルーム

一部に淡い墨色のアクセントクロスをプラスすることで、より落ち着きのある空間に。ベッドで本を読んでいても、眠くなったらそのまま電気を消して眠れるように、枕元にスイッチを設けました。朝は2面に設置した窓から明るい光が差し込み、気持ちよく目覚められます。

サニタリーSanitary

収納力を高めることで
空間を広く使えるサニタリーに

水まわりは1階にまとめて、ベースカラーはブラックで統一。鏡面の扉やタイルを使って高級ホテルのような空間に仕上げながらも、収納をたくさん設けたことで使いやすい洗面所になりました。

こだわりポイント

キッチンの
フロアタイル

一枚一枚表情の異なるフロアタイルを採用。水はねにも強く、キッチンのアクセントになっています。

木のぬくもりを
天井にも

本物の木を天井に貼ることで、部屋全体をぐっとシックに演出しつつ、あたたかみのある空間に。