家づくりの流れ
土地探しから完成までを知る
家づくりの流れ

「家づくり」はほとんどの人にとって初めてで、わからないことばかり。何からはじめるのか、どう進めて行くのか、注意点は何なのか...。調べるだけでも大変です。ここでは、「家づくり」の流れをステップごとに、わかりやすくまとめました。

STEP 1

土地探し・契約・決済

「都心に家を持つ」という夢を叶えるためには、まずは土地探しからはじまります。土地をご検討の際は、ぜひ最寄りの(株)オープンハウスのお店にお越しください。豊富な物件を取り揃えています。家族の夢を叶えるために、ご希望に合った土地を見つけましょう。

POINT

"土地探しをはじめたとき"からすでに「家づくり」ははじまっています。担当スタッフがお客様に寄り添い、ご来店から家の引渡しまで、きめ細かくサポートいたします。

STEP 2

約1カ月

プラン打ち合わせ・設計契約

土地が決まれば、次は家の設計です。「プラン打ち合わせ」とは、間取りや仕様を決めていくこと。家族の夢を叶え、自分らしい暮らしを楽しむために、このステップはとても重要です。担当設計士がお客様のライフスタイルや好きなテイストをヒアリングしながら進めていきます。

POINT

まずどんな暮らしをしたいのか家族で話し合い、「子ども用に2部屋」「リビングは2階に」など間取りの要望をまとめましょう。理想とする家のイメージ写真も、たくさんお持ちください。お使いの家電・家具を採寸すると部屋や収納の広さの参考になります。

STEP 3

約2カ月間

カラー詳細打ち合わせ・請負契約

間取りが決まったら、外装、内装、設備機器、照明など、具体的なアイテムやカラー選び。「理想のイメージ」を共有し、コーディネートしていきます。サンプル品も豊富に取り揃えていますので、ご検討ください。

POINT

ショールームで実物を見て、質感やサイズなどを確認しながら選んでいきます。あとで後悔しないように、スイッチ・コンセントの位置なども慎重に考えましょう。

STEP 4

約4〜5カ月間

現場着工

工事請負契約を取り交わせば、いよいよ着工です。これまで設計してきた内容を実際に形にしていきます。お客様の大切な家だからこそ、きちんと施工を行います。自社の基準に基づき、工程・品質管理を徹底し、お客様の資産を守ります。

POINT

家を施工するにあたり、忘れてはいけないのは地盤の検討です。どんなに強い建物を造っても、それを支える地盤が軟弱では、家は長持ちしません。オープンハウス・ディベロップメントでは、全棟地盤調査に基づく検討を行い、地盤の強度を確保しています。改良工事が発生しても、本体工事費に含まれており、追加費用をいただくことはありません。

STEP 5

約2カ月間

立ち会い(中間・完成)

工事期間中に2回、お客様お立ち会いのもと、実際に建物を確認していただきます。「中間立ち会い」は構造に関する部分、「完成立ち会い(内覧会)」は最終の仕上がりの確認と機器の取り扱い説明を行います。

POINT

立ち会いでは、空間を確認することができます。図面だけではわからなかった空間のイメージができるので、家具購入を検討されている場合の参考になります。

STEP 6

決済・引渡し

建物が完成すれば、いよいよ引渡しです。金融機関などで決済の手続きを行います。保証書や鍵などをお渡しして、引渡しが完了です。

POINT

引越しの前後には、たくさんの手続きや届け出が発生します。事前にやることを整理して、1つ1つクリアしていきましょう。

STEP 7

引越し

待ちに待った新居への引越し。ついに新生活のスタートです。どうぞ憧れのマイホームでの暮らしを存分に楽しんでください。

POINT

カラー詳細の打ち合わせ時に、エアコン・照明・カーテン・ブラインドなどを選んでおくと、設置した状態で引渡しできるので、取り付けの手間が省けます。

STEP 8

入居後〜

アフターサービス

いつまでも安心して、住んでいただけるように、10年保証制度(住宅瑕疵担保責任保険)のほか、1年、2年の節目に「定期点検」を無償で実施しています。引渡し後も充実したアフターサービスで、お客様に末長く寄り添っていきます。

POINT

引越し後、気になることや万が一のトラブルの際は、お気軽にご相談ください。担当者がスピーディーに対応いたします。